スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樋口了一さんの『手紙』について

きてくださって本当に本当にありがとうございます^^


今回、歌詞を全文紹介してるんで


ちょっと長くて細かいんですが


最後まで読んでいただけたら幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<初めて来て頂いた方へ>

初めまして^^
このブログは、料理と、ただの個人的な話を交互に書いてます。


今回はそのただの個人的な話です。
↓美味!かぼちゃとそぼろのカフェ風サンドイッチとBLTサンド<記事と作り方はこちらをクリック
P8042064.jpg
P8042066.jpg
P8042057.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お粗末なブログながらランキングに参加させてもらってます。

見てくださった方が下の①~③の3つの文章をクリックして頂けると
確実にランキングに反映されるという小粋なしくみです。


なので本っ当にお手数ですが、できれば3つとも、貴重な応援クリックよろしくお願いします^^



おうちカフェブログランキングに参加しています。順位はこちらで見れます^^

レシピブログランキングに参加しています。
↑お手数ですが、こちらをクリックして頂けたら本当に嬉しいです!
ファイブ ブログランキングに参加しています。
やっぱり4位になりました。


どうもありがとうございます(感涙) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以前、きよこについての記事を書いた時に

(※きよこ=山本家に生息する地球外生命体。89歳。)


コメント欄でMAKOさんが


樋口了一さんの「手紙」という曲について書いてくださいました。


この曲、めちゃめちゃ有名なんですよね。


恥ずかしながら、存じ上げませんでした。


早速ネットで歌詞を調べたら


涙、だらり。(汚っ。せめてポロリと表現せえ)


色々と反省し


おばあちゃん・・・・大事にしちゃおっかな★☆(>ω<)/


と思いました。(軽ぅっ!)


もしかしたら知らない方もいるかもしれないんで
紹介させてください。(これ童謡の「チューリップ」の歌詞載せるぐらい「いまさら」なんかな)




手紙~親愛なる子どもたちへ~


年老いた私が ある日 今までの私と違っていても
どうかそのままの私を理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい

あなたと話すとき 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなづいてほしい

あなたにせがまれて繰り返し読んだあのあたたかな絵本の結末は
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

悲しいことではないんだ 消え去っていくように見える私の心へと
励ましのまなざしを向けてほしい

楽しいひとときに 私が思わず下着を塗らしてしまったり
お風呂に入るのを嫌がるときには思い出してほしい

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ出来なくなるかもしれない
足も衰えて 立ち上がることすらできなくなったなら

あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらいことだけど

私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい
きっとそれだけでそれだけで 私には勇気が沸いてくるのです

あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ

愛する子供たちへ


山本 ゆり より。
(ちゃうやろ)




MAKOさん、教えていただいてありがとうございます!


この歌詞を読んでから、樋口了一さんをウィキペディアで調べました。


『樋口 了一(ひぐち りょういち、1964年2月2日-、)は、日本のシンガーソングライターである。


来歴・人物

熊本県立済々黌高等学校卒業。 立教大学在学中からブラックミュージックバンド等で活動し、1993年にメジャーデビュー。 水曜どうでしょうシリーズのテーマソングにもなった「1/6の夢旅人」、「1/6の夢旅人2002」等の楽曲を発表。

また、歌手活動の傍ら、TOKIO、20th Century、沢田研二、鈴木雅之、石川さゆり、郷ひろみ等、歌手のジャンルを問わずに楽曲を提供している。


宅地建物取引主任者試験に合格している。(2009年3月6日ゆうゆうわいどにて発言。)』




最後ちょっと笑ろたわ。

そこどうでもいいーーーーーーーーー!!てなったわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んでくださってありがとうございます。

        
 本当にお手数なんですが、最後に、3クリックいただけると嬉しいです^^

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
↑こちらでも順位が見れます^^
recipe_blog_3.gif
↑お願いします!!^^

↑本当にありがとうございました(涙)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どなたでも気軽にコメントしていただけたら嬉しいです^^(返事は少し時間がかかるかもしれませんが、100%かえします)


↓Oisix(おいしっくす)にご興味のあるかたは是非。めっちゃ美味しい野菜が買えるそうですよ。
(あ、このブログは農薬まみれの野菜を使用してますよ)



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

うわ~

知りませんでした。。。ってか感動ですね(涙)
今年認知症の祖母を亡くしたばかりなのでグッときましたぁ(><)

認知症って最初は反発心もあって冷たくしちゃったり、傷つけたり。
でもいつしかとっても可愛くというか愛しくなりません?

ゆりさんのキヨコさんのお話見ると笑っちゃうケド大事にしてるんだなぁとなぜか思います。なぜかって失礼(笑)

手紙聞いてみます(^o^*)

No title

しらなかった。すごい。

なんかなんてゆうか・・こうまっすぐにぶつかってくる詩がこころを打つね。

老いはだれにでもくる現実なのに老いないとわからないじゃない?で、老いたときには若いひとに引け目をかんじて生きなきゃいけないみたいなとこある。

そこをバッサリ言ってくれた。

本当にこのままコピーして最後に《タナより》って書いて送りたいわ!もうこれ全部だわ。



あ~このまたまた消えやがって(自分の操作ミス)

てか、何この感動文章。鼻水垂れそう←泣くと鼻水スッゴい出る…
親が昔してくれた事を今度は自分が恩返ししてあげなくてはね。でも介護って色々考えてしまうね。私は、親がボケてしまった時きっと優しく介護出来ないんだろうな でもその時はこの文章を思い出すわ。
最近も親が「すぐボケたら何十年もアンタらに面倒みてもらわなきゃいけないから95才位でボケて2年後位に、ぽっくりいけばいいね。」と言われたから、まず95まで生きなくていいよ何歳まで生きるつもりだと言った悪い娘です
でも、いつまでも元気でいて欲しいな。できればボケないでね。←結局は、これが大事

わかるんだけどね~・・・・。

泣ける歌に出会ってしまいました。

義母がまさにこんな状態。
でもね、私はこの義母には育てられていないんですよ。
嫁です、嫁、よめ・
実母はまわりに迷惑かけずに逝ってしまった。

今自分の子が幼かった頃にしてあげたことを
義母にしてあげています。
複雑・・・・・・。

No title

またこれ読んで仕事中なのに涙ダラーンですよT T

【犬の十戒】もいつ読んでも泣けますけど、この【手紙】も必ずやられますね。。。

ばあばや、親を大事にしよってこれ読んだ時だけは素直に思えます。(この時だけじゃ、もちろんダメですけどi-202

ってか名前出してくれて照れちゃったんですけどー!!
それこそパソコンの前で顔赤くしちゃいましたよ^^;
ありがとうございます。


あと樋口さんの水曜どうでしょうの曲も明るくていい曲ですよ!

私バイクの免許持ってて1人+トイでよくツーリング行くんですけど
その時の口ずさみソングです(いらない情報第2弾!)

No title

はじめまして!コメントするのは初めてですが、いつも楽しく読ませてもらってました。私も88歳の祖母がいるんですが、ちょっと似てるなぁって思ってe-330
この「手紙」って歌、私もこないだ仕事で行ったセミナーでたまたま紹介されてました。もちろん泣いている人も多かったです。
私の母も祖母の介護で毎日大変そうなので、この詩を紹介したら「またおばあちゃんの介護がんばれそう」って嬉しそうでした!
たまにこの詩を読んで、家族を大事にする気持ちを忘れないようにしないとだめですね。

全然関係ない話だけど、私も最近ブログを始めたのでよかったら遊びに来てくださいね♪

これからも楽しく読ませてもらいますe-266

別の見方

「犬の十戒」は文句なしに毎回号泣出来るんですけどね。
立場と覚悟の違いでしょうね。

アメリカ先住民の言葉「あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。」
こういう生き方をした人はこのような「手紙」を書かなくても大丈夫だと思いますよ。

それと今も昔も覚悟を決めて親になる人ってどれだけいるのかな?

布石を打つ的な詩ですが、誰にでもあてはまることではないですし
京都の「温情判決」の例もありますし。

あぁ、そっか。私が素直に受け取れないのは「本人がこう言っている」からか・・・。

No title

私も以前TVで知って
ウルウルでした!!
祖父母を介護する両親を見てきたし
また今は自分は子育てをする立場で・・・
両方の目線でどっちの気持ちも
リアルに想像しちゃって・・・(泣)
その日私も速攻ブログに載せました^^

ゆりさんのブログみたいに多くの方が来られる場所で
多くの方が、このストレートに謳われている
歌詩をそれぞに受け止めて
何かを感じれたら、それってすごく素晴らしいですよね!!

確か作者不明なんですよね~

宅建持ってはるんや~~~すごーーーー(笑)

No title

私、知りませんでした。
この「手紙」・・
ゆりさん、紹介してくださって、本当にありがとう。
初め、ゆりさんの、この記事会社で読みました。
涙と鼻水が止まらなくなって、どうしようかと思いました・・
私以前介護の勉強を少ししました。
介護の現場も見てきました。
私の祖母は、認知症でした。昼も夜も関係なく介護する母を見た時期もありました。
介護の現実は実に厳しいです。
でも、私は子育てもしてきました。
娘が幼少のころ、大病にかかり死にかけたこともありました。
私は、自分の命と引き換えでもいい・・
娘を助けて欲しいと思いました。
わが子への愛情って、計り知れないと思ってます。
そんな愛情を、歳老いていく、母や義母に向ければいいんですよね・・
まだまだ、ボケたりはしてませんが、時折、自分のことしか考えられなくなったり、思い立つとすぐにやらないと、気がすまなかったり・・
なんだか、こんな人じゃなかったな・・なんて思わせるような子供みたいな一面を、見ては、戸惑う今日このごろです。
この手紙に出逢えた事感謝します。
これからもっともっと子供に返っていくと思われる母や義母に
もっと愛情深く接する事が出来るような気がしてます。
介護の現実は厳しいけど、ここを訪れて、この手紙を読まれた方が
少しでも、優しい気持ちになれたら・・
介護の現状は少し明るくなる気がします。
人は優しくされると、その分優しくなれるって思ってます。
全ての人が優しい気持ちで最期を迎えられたらな・・と思います。
長くなって、何をいいたいのかよくわからなくて、すみません。
ただただ、感謝したいです。
こんな手紙を読ませていただけた事に・・
ゆりさん、どうもありがとうございます。

今から

口ではいつも「大丈夫!」って心配かけない一人暮らしのおばぁちゃんに…
イカフライとソーダが大好きな男子学生のようなおばぁちゃんに…(どんな偏見)
ダシ巻き卵お届けに行ってきます!

No title

う~ん。分かる。。。。。でも介護は想像を超えるっす。

携わっている方々本当に尊敬するっす。

おきよさんくらい?なら楽しいしほのぼのするけど。。。

って、私のなかの会ったこと事もないおきよさんはかなり

元気だす。ほんでデイケア(教室)でも人気者だすよ。

No title

この方、先日徹子の部屋に出てました^^
そこで歌っていて、徹子さんも涙していましたよ。

私は若い頃(20代)
スーパーや病院で見かけるお年寄りを
イライラしながら、見ていました。

でもね。

『あぁ、いつかは皆、通る道だ。』

と、納得した瞬間があって。
気付けば、受け入れられる自分が居ました。

私が歳を重ねたこと、
両親が高齢になってきたこと、出産した事も、そう思えるきっかけになったんだと思う。

自分の心を変えられる
素敵な詩と出会えて、良かったですね。

でもゆりちゃんは、おばあちゃんを愛おしいと思っていますよね。
ブログの文章から伝わって来ますよ^^

人それぞれ見方も違うやろうし難しいけど・・
この手紙はきっと介護する側からの目線で書かれた
「これでいいのよね?」って聞いてる感じがします。
悲しいかなその返事はちゃんと返ってくるかどうかわかれへんねんけど。
親として・・我が子に求めることは、我が子の幸せであって
自分のお世話(簡単な言い方でいややねんけど)は望んでないと思うねん。
少なくとも私ならそう。
けどもうそのことを訴えることはできへんのよね、本人は。

認知症の介護とは少し違うけれど
2人の子供を出産して
2年前に母がガンに侵され
「親の死」というのに突然向き合うか?!っていう経験からの
まだおぼろげな意見を書いてみました。
実際のことは介護されている本人に聞かないとわからないけど。

因みにまだ母は幸運なことに元気です。
本人より「再発」にびびってるのは私・・だと思いますが。
たぶん。

No title

同じく「うわ~」てなりました。
そうだったんですか。

そうです。可愛く思えます。
でも可愛いだけではなくて
冷たくしてしまうこともよくあります。傷つけまくってると思います。

いや全然ですよ。大事にできてないです。しようと思ってもすぐにイラついてしまいます。反省。

確かにうちも聞いたことない!聞いてみよ。

No title

そうなんですよね。

ほんま、具体的ですもんね。普通にそのままありえることを具体的に書いてるところが心を打ちます。

なんで色んな経験を乗り越えてるものが負い目を感じる必要があんねんと思いますが
うちは、祖母にそう感じさせてしまうような態度をとってしまってるのも事実です。

わかります!

No title

えー!文章が消えたらめっちゃ悲しいですよね。
毎回めげずにもっかい打ってくださってありがとうございますミユピィさん。

鼻水でます!!もう一気にずーずーいいます。
うちも母がボケたときのことを想像してないんで
実際そうなったらきっと普通に笑ってられないような気がします。
何もわからないですけど。

笑 お母さんやるなあ~!97は大往生ですね。
そんなことが言い合える関係っていいです。

ミユピィさんが書いてるコメントはいっつも正直で好きです。

No title

あー確かにそうですね。

なんというか

そうじゃない場合もあるっていう。Linusさんもそう書いてましたが・・・

複雑ですね。介護は本当に難しいし
心に余裕がない時なんかは「なんで私がこんなことをしないといけないんだろう」と思ってしまうことも当然だと思います。

ほんまに何も知らずに軽々しいことはいえないんですけど

いつもお疲れ様です。お義母さんはきっと喜んでいると思います。実のお母さんも。

ほんま何も知らずにごめんなさい!

No title

犬の十戒、読んだことないです。

調べてもうまいこと出てこなかったんですけど、また読んでみます^^

勝手に名前出してしまって申し訳ないです。笑
赤面症だというのに笑
ありがとうございました。

そのときだけ思うっていうのめっちゃわかります!

水曜どうでしょうの曲も聞いてみたいと思います。
ありがとうございました!^^

バイクの免許でツーリング!かっこいいーー!いいなーー!

口ずさみソングってありますよね。

うちは斉藤和義さんの『歩いて帰ろう』とmonky magicの『空はまるで』とスピッツの『春の歌』という流れを、よく通勤中にします。(いらない情報)

No title

初めまして!!コメント本当にどうもありがとうございます^^
確かに似ているところがあると思います。

セミナーで歌詞の紹介とかあるんですね。素敵なセミナーですね。
しら泣きます。うちもセミナーで初めてであってしまったら危なかったです。笑

そうなんですか!めっちゃ嬉しいです。MAKOさんに感謝です。
介護をされてる方って、お年寄りの方に「ありがとう^^」ってちゃんと言ってもらえるとは限らないし、ほんまに色々思い悩んだりすることが多いと思います。だから本当に尊敬します。

はい!是非遊びにいきます^^ありがとうございます!

No title

犬の十戒、今読みました。飼い犬が飼い主に対して訴えている詩なんですね。

確かに、立場が違うと共感できる部分も異なりますよね。

「あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。」

↑うわーー。すごい。なんか。(具体的に話せ)

「本人がこういっている」から、というところをもうちょっと詳しくお願いします。

No title

テレビで色々やってたみたいですね。
全然知らなかったです。

そうなんですか。まさにこの歌詞の状態を両方見ているんですね。
ほんま色々考えさせられると思います。ぴぐもんさんも載せられたんですね^^なんか嬉しいです^^

いやそんな多くの人が見ているかはわからないですけど
1人やったとしても、自分が書いた文章とか紹介したものを誰かが読んでくださっているということはほんまに感謝します。
怖いときもありますけど。絶対に何人かの人を毎回傷つけてるんやろうと思いますし。

そうらしいですねー。『犬の十戒』もそうらしいですね。

宅建すごいですよね!!!(そこ)

No title

これ会社で読んだらまずいですよね笑
ほんまストレートさにびっくりでした。

介護の勉強をされてたんですね。
最近仕事で介護業界の方とお話をする機会が多いのですが
実際にするのと話を聞くのとでは全然違うと思います。
自分にはできないと思います。尊敬します。

tomatoさんも、両方を間近で感じていたんですね。
うちは介護も子育ても全然知らないので
そのくせ単純に「感動やわー」とこの歌詞を紹介したことをちょっと反省しました。
自分の子どもは、自分が産んだわけで
自分がいないと生きていけないし
何もわからないし
無条件に愛してしまうことが多いと思います。
だから、それを認知症の方にそのままできるかと言えば
難しいのは当然だと思います。
特に、元気でしっかりしている時を知っているだけに
とまどったりいらだったりしてしまうんですよね。

『人は優しくされると、その分優しくなれるって思ってます』

めっちゃいい考え(いい考えて)やと思いますし
その通りだと思いますし
そう思えることが幸せだと思います。
自分が優しくしてほしかったらまず自分から、てことですよね。

ただ人が書いた詩を載せただけで何もしてないんですけど笑

そういっていただけて嬉しいです。ありがとうございます!

No title

うわーなんか泣けるコメントなのはなんで?

めっちゃ好きな二行でした。ほんまに。

きよこも照り焼きバーガーやらコーラやら大好きです!

No title

あ、3行やった。ごめんなさい笑

No title

そうなんですよね。

「そうしたあげたいけどできない・・・」てなることもあると思います。介護はほんまに難しいですし、同じく尊敬します。

きよこはデイケアセンターではかなり迷惑をおかけしている部分があると思います笑 すぐに「盗られた」といったり、我が侭だったり・・・・人気者ならいいんですけどね笑

でも元気です。ありがとうございます^^

No title

そうなんですか。黒柳さんのお部屋に。

涙します。色んな感情が入り混じります。

うちは外で出会うお年寄りにはイライラしないんです。

でも、きよこにはほんまに当たってしまうんですよね。

受け入れられないわけじゃなく、単純にイライラして怒ってまいます。穏やかに接したいといつも思います。

いとおしいとは思いますけど。可愛らしい。

子育てを経験すると、ほんまに今までの考え方から一気に一皮剥けるような気がします。母親になるとくのは人生の中でめちゃめちゃ転機でめちゃめちゃ成長すると思います。尊敬しますみなさん。

ありがとうございました^^

No title

すごい。なるほど。
そんなふうに見たことがなくて、驚いてます。

ほんまにそうかもしれないですね。
介護をする側の方が、「きっとこう思ってるやろうな。だからこんなふうに接していいやんな?」って思ってるんですよね。実際はわからないというのが残念ですが。

なおぴちさんのコメントを読んで
確かに、自分に対して、こんなふうに介護をして欲しいと思うかな?と考えたら
おっしゃるとおり、それよりも、子どもが自分の人生を幸せに歩んでいって欲しいと考えそうな気もしますね。

って、結婚も出産も介護もしたことない自分がほんまにえらそうな口を叩くな!!て感じですけど
今の、23の、想像のみの考えでいえば、そう思いました。
この手紙を書いた方もそういう感情はもちろんあったんでしょうけど!

そんな大変な毎日の中
こんなブログに遊びにきてくださって
コメントまでくださってほんまにありがとうございます。

何もわからないし、こんな何の経験もない自分は、なおぴちさんに言ってあげられることがないんですけど、というか何も望まれてないと思いますが

ただ、そんなふうに毎日不安な中でも頑張って生活しているなおぴちさんがいる、ということを、受け止めました。
そして軽々しく感じられたら申し訳ないんですけど
なおぴちさんのお母さんが元気で長生きして欲しいと本当に思います。

ありがとうございます。
プロフィール

やまもとゆり

Author:やまもとゆり
こんにちわ。山本ゆりと申します。

ジグソーパズルとか結構好きです。

雑誌の仕事、料理の仕事、
できることなら何でもさせていただきます。
コメント欄の鍵コメでご依頼承ります。

下の写真をクリックしていただくと
その記事にとべます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。