スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか「わー」てなるようなお話。

きてくださって本当に本当にありがとうございます^^
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<初めて来て頂いた方へ>

初めまして^^
このブログは、料理と、ただの個人的な話を交互に書いてます。

今回はそのただの個人的な話です。
↓えびとアボガドとゆで卵のサラダ。のちサンドイッチ。<記事と作り方はこちらをクリック
P6081852.jpg
P6081856.jpg
P6081866.jpg
P6081868.jpg
<大切な常連さんの方へ>
いつもいつも本当にありがとうございます^^今日も温かい目で見守ってください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お粗末なブログながらランキングに参加させてもらってます。

見てくださった方が下の3つの文字たちをクリックして頂けると
確実にランキングに反映されるという小粋なしくみです。

なので本っ当にお手数ですが、貴重な応援クリックよろしくお願いします^^


おうちカフェブログランキングに参加してます。こちらで順位がわかります。

レシピブログランキングに参加してます。
↑頑張ります^^
ファイブ ブログランキングに参加してます。
↑ありがたいことに8位にあがりました><7位まで果てしないですが頑張ります^^

どうもありがとうございます(感涙) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こころのチキンスープ』っていう本があります。

知っている方も多くいらっしゃると思いますが


なんかいい話が短編でばーーって書いてある本のシリーズです。(説明アバウトー!)


実話も嘘の話も。(『嘘の話』て。せめて『作り話』やろ。)


その中で印象に残ってる話(外国の実話)を書きたいと思います。


タイトルは


残念ながら忘れました。(※『残念ながら忘れました』ってタイトルちゃうで)←わかるわ


女の人が病気で入院した話です。


何の病気か忘れてんけど、とにかくクリスマスあたりに入院せなあかんくなってんな。

「せっかくのクリスマスに!」て思っててんけど

毎日誰かがお見舞いに来てくれんねん。娘なり息子なり旦那なり。友達もいっぱい。


ベッドの周りは、リースやら、ポインセチアやら
お見舞いにもらったクリスマスの飾りで一杯になんねん。


看護婦さんにも「自分早く退院してもらわな困りまっすぁ~」て言われるぐらい。(実際英語やろ)


その病室にはもう一人入院してる女の人がおってんけど

ふと気づいたら、誰一人お見舞いにこーへんねん。

自分のベット周りにはもう色んなもんが溢れてんのに、その人のベッドには何ひとつないねん。


でも

「私そのお花好き。」

とか

自分の息子のアダムが帰ったら

「私アダム好き。」

とか言って、ひとつも嫌な顔せーへんかってん。



ほんでクリスマスを迎えんねんけど

看護婦さんが、その女の人にも、手作りのちっさいリース(慈善団体が作ったんやったかなんか忘れたけど)を1つだけあげてんやん。

その人はめちゃめちゃ喜んで

自分とか来る看護婦さんとか先生みんなに自慢して、めっちゃ大事にしててん。



ほんで自分の退院が決まってんな。

退院前に、隣のその人に、仲良くしてくれたお礼に何かあげようと思ってん。


最初ポインセチアを手に取ってんけど

ふと

「これはうちの玄関に飾ったら綺麗やろうなー。」

とか思えて

そう考えたらあげれんくて

両親からもらった花も

娘や息子からもらった飾りも

「これは家に飾りたい。」

「これをあげたらあの人が不快かも。」


とか色々考えてたら結局何もあげれないままになって


結局、お礼は、家に帰ってから何か買って送ることに決めてん。


退院の日

「あなたがいて本当に楽しかった。ありがとう。」

て言って握手したら

その女の人もおんなじように言ってくれてんやん。


で、最後病室を出ようとした時に

「待って。」

って呼び止められて


「これ、あなたにあげるわ。本当にありがとう。」





1つだけしかないあのリースを自分にくれたっていう話です。






その話にはこうまとめられていました。




私は気づきました。


彼女のほうが多くを持っていたのだと
。』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んでくださってありがとうございます。

        
 最後に、クリックいただけると本当に嬉しいです^^

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへrecipe_blog_3.gif
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どなたでも気軽にコメントしていただけたら嬉しいです^^(返事は少し時間がかかるかもしれませんが、100%返します)


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

私も結構、この本を読んだっす。

でもこのお話は初めて


よかった。そしておさるのじろーのように反省だす。

ゆりちゃん。又、ゆりちゃんが読み聞かせてほしいっす。

No title

ほんとわたしはだめな人間だわ。

こうゆう話きくと心底思うわ。ちっさいはわたし。

お話の後半の退院する日あたりで《きっとベットにもういないんだな・・・》って思ったし(涙)

こうゆう人になるために頑張らないと。

またこうゆう話おねがいします。←こうゆうこうゆううるさい?

No title

考えさせられます・・・

本屋さんにあるのかな?読んでみたいな。

私だったらひがんじゃうな。
私のところには、誰もお見舞に来ないのに。って。

でも、ひがんだり、ねたんだりしてると
すっごく心が疲れてしまう。

でもちょっと、そんな気持ち押さえて
我慢してでも「ありがとう」って言えたとき
自分も相手も、暖かい気持ちになれるんですよね。

わかっててもなかなかできませんが
自分を見直せるお話でした^^

私もきっと、ひがんでしまうわ。その人が悪いわけじゃないけど、何でこの人ばかりって。今までずっとそうだったかもなぁ 何であの人ばかりいい思いしてとかさ。こんな考えしか出来ないから、毎日つまらな~いってなっちゃうんだろうな…人を羨ましがってひがんでばかりいたら、いけないね。

こうゆう話読むのすごい好き。色々考えさせられるし、幸せな気分になるし
またいい話があったら教えてね!

No title

心洗われます!!My heartがwashされます。外国のお話にちなんで少し英語取り入れてみました。(不必要な取り組み)
でも本当に素敵なお話(なんか素敵とかいう表現が適切か解らないですが・・ボキャがなくてすみません)で、普段忘れているものがあることに気づけた気がします!!ペットボトルのキャップ並みに狭い心を明日から改めたいと思います。(真剣)

No title

はじめまして!!
みかんと申します。
一年ほど前から、いつも楽しく拝見させてもらっています。

素敵なお話ですね。
ブワーアっと鳥肌が立ちました。
ほんとに素敵な話。

この物語に出会わせてくれて、ありがとうございます。
これからも、またお邪魔させてください!!

No title

めっちゃいい話ですね・・・
「わーー」ってなりますホンマ。
目に見える色んな物がたくさんあるより
心の中にある物が充実していれば
人って幸せなんですよね!
皆さんが言ってるように、私もひがんでしまうわきっと。
でもひがめばひがむほど
寂しい人になっちゃうもんね。
好き。とかありがとう。とかちゃんと言えるだけで
自分も相手も幸せになれるんやね!
そんな簡単なことが、なかなか出来ないのが
悲しいっす。反省。
素敵なお話ありがとう~^^

No title

この本、知りませんでした。
もう本当に「わー」ですね。「わー」です。
なんかゆりさんの行間の取り方が絶妙すぎて・・。
最後の「と」の一文字のところあたりがもう最高でした。
泣けました。
今日、昼間っから友達の前で自分の不甲斐なさぶりにびえーんびえーんと泣いたのに、また夜泣く事になるとは・・。(しかも私はもう充分いい年の大人なのに)
心が洗われるようないい本ですね。明日買いに走ります。ちょっと歩いたりもします。

No title

いいねいいね、こういう話大好き。じーんときた。なみだでた。そうだね、自分が沢山持っていることに気づかないときってあるんだよね。

私も最近ね、娘と旦那が要れば何も要らないと思ったりもする。。。

幸せってさ、自分で気づかない場合が多いんだ。。。
きょうもイイコトを教えてくれてありがとう。。。

なんか違う

?? 退院した女性って嫌なやつだなって思いました。
素直な女性に対して
『彼女のほうが多くを持っていたのだと。』という表現がどうもね。
お礼にあげるものなんてサクっと一番素敵なものを選べばいいのに
結局いらんもの探しになっていて、
ラストの言葉が物欲の延長に聞こえますもん。
そうじゃないでしょ?と小一時間ばかり(ry  ^^;

No title

最近、身も心もカレー色に染まっていた私です。

やっぱり、ソウル(韓国の首都じゃなくてね)には
ユッケジャン(いや、だから韓国話じゃなくてね)
トムヤンクンとかハバネロスープばかりじゃダメですネ。

チキンスープ 素敵です。
素敵なお話、カムサハムニダ
(いや、だから、韓国の話じゃないってば・・・ひつこい・・笑)

No title

・・・なんか
考えさせられる
ハナシやな
この本
さがしてみるなり
なんだか
アタシ
ナミダ
でてきそうやわ
。。けっして
トシの
せいちゃうでっ
さきに
ゆうくけどっっ

No title

めっちゃ、わぁ~ってなったわ!!
私もそんな人間になりたいわ!!

私は何か人にやってあげたときに、確かに優しさ??的なことでするわけなんだけど、どっかでお返しがほしい気持ちがあるんだよね・・・

ありがとうの一言とか些細なことなんだけど、期待してしまって、それがないと、してあげたのに・・とか思ってしまう・・

いつも誰も頼んでないわ!!ってひとりつっこみして、何でこんなに心せまいんじゃとか思って自己嫌悪になるんよね・・・

自分の胃袋のでかさには自信があるんだけどね・・(笑)

No title

うちも2と8しか持ってないんですよ。

他もまた読んでみます^^

おさるのじろーのように笑

うちのこの関西弁の書き方で、話の良さが半減していますけどね。

No title

いやいや同じくです!

そうやって感じる時点でちっさくないんです。

「きっともうベッドにいない」

わかります!!笑 そういう先読みうちもすぐします!!

こうゆう話また書きます。こうゆう話があれば。こうゆう機会に。(全然うざくないですよね。)

No title

本屋さんにありますよ。古本屋さんにもあります。(がーん)

うちでも絶対にひがみますね。

リースすら素直に喜べないです。

ほんまにそうなんですよね。

人間の心からひがみとねたみは取り除けたら人生めちゃめちゃ楽になると思います!でもこの感情があるからこど向上心も芽生えるような気もなきにしもあらずかもしれないような・・・・(どんっだけ曖昧やねん)

『でもちょっと、そんな気持ち押さえて
我慢してでも「ありがとう」って言えたとき
自分も相手も、暖かい気持ちになれるんですよね』

本当にその通りだと思います。
いちごさんは素敵な方です。

No title

ミユピィさんは他の人のコメントもちゃんと読んでくださってるのが嬉しいです^^ありがとうございます。

何であの人ばっかりって、あかんのわかっても思ってしまいますよね。最近は、努力してたら絶対に絶対に報われると信じて働くことに決めてます。サボりながら「こんなんしてたらどっからも契約取れなくてもしょうがないよなー」と。(そっちー!)

ありがとうございます^^

引用しただけやのにそんなふうに言って頂けてよかったです。

No title

「不必要な取り組み」に吹きました。

わかるーーそのもどかしさ!

「素敵」「すごい」「めっちゃいい」とか、そんなもんじゃないねん!てよくなります。でも、伝わりますよ。ありがとうございます^^

ペットボトルのキャップ並に狭い心!!

狭さを表現するのにキャップを用いるかた初めてです。

うちも今から改めます。真剣です。

No title

初めまして!エヒメさん!いやみかんさん?どっちにしましょう。とりあえず愛媛みかんなんですね。

一年ほど前からって!ほんまにありがとうございます!!そんなんもう最初の最初じゃないですか!このブログっていつ始まりましたっけ?(お前や)

『ブワーアっと鳥肌が立ちました。 』

鳥肌の立ちかたの表現が絶妙です。ブワーア。(そこー!)

いやいや!そんなふうに言って頂けてめっちゃ嬉しいです><
自分の考えた話でもないくせに引用して語っただけでちょっぴり罪悪感あったんですけど、よかったです。

はい是非是非邪魔しまくってください。土足で踏み荒らして帰ってください。

No title

みなさんのコメントまで読んでくださって嬉しいです!

このコメント欄だけでぴぐもんさんの素敵さが伝わります。

「心の中にあるものが充実していれば」

ほんまにそうなんですよね。ありがとうございます。

『好き。とかありがとう。とかちゃんと言えるだけで
自分も相手も幸せになれるんやね!』

もほんまにそれ。それに感心したのが

『寂しい人』っていう表現です。

それなんですよね。うちなら「嫌な人」って書いてしまいそうなんですが、実際は寂しい人なんですよね。さすがです。

いやいや!こちらが本当にありがとうございます^^




No title

ずんたさーん!

この本、うちも2冊ぐらいしか読んだことないんですけど
もっと読みたいですね。

この「わー」っていうの、ある意味自分のせこさなんですけど笑

どうとも言わないっていう。自分の意見に自信がないからって、一切解釈を書かずに「わー」だけで済ませるっていう。笑

間の取り方にまで褒めていただけて嬉しいです!
毎回何回も見直して行間を決めます笑
でもずんたさんの書き方はうちの中でほんまに感心しますよ^^

何かあったんですか??><
なんにしても、目の前で泣けるお友達がいるのは素敵なことです。
何歳になっても泣いていいです!そして不甲斐なさに気づいてる時点で不甲斐なくないです。ずんたさんは素敵です。

最後の一言になんか心が洗われました!

No title

お帰りなさい!!!

自分がたくさん持ってることに気づかない時は多いですよね。
うちもほんまに欲張りです。全部捨てたくない。人間も仕事もブログも全部。自分がからっぽだからでしょうか。結果、大事なもんを見失うタイプです。

娘と旦那がいれば何もいらないなんて、本当に素敵です!

明日香さんにそういっていただけるなんて恐縮です。ありがとうございます。

No title

おーーーー!こういう意見もどんどん出してください!嬉しいです。

『ラストの言葉が物欲の延長に聞こえますもん。』

確かにそうとも取れますね。

なんか結局、「数が多いからあげれる」って考えかい!て感じですもんね。きっと、「多くを持ってた」というのは「自分よりもでっかい人間だ」って感じなんだと思いますが・・・心の充実度というか。

ほんまにありがとうございます。

No title

身も心もカレー色!!笑

え、何カレー!?(そこ気になるんかい)

笑!!めっちゃ笑いました。

そうなんですよ。この「チキンスープ」っていうのがまた絶妙な表現ですよね。外国やからですけど。日本やったら「こころのおかゆ」か「こころのおじや」ですかね。(嫌やわ)

No title

笑!
涙に年は関係ないです!笑

「・・・・」

から始まる文章って目をひきますね。(国語の授業か)

でもほんまに考えさせられますよね。自分も主役の女性になると思います。

同じく最初読んだとき泣きました。

No title

うちも絶対そんなふうにできへんわ。

「どっかでお返しが欲しい」

ってめっちゃわかるで。実際そう思ってしまう。

でも、人に何かをしてあげた時のあの、自分の中でちょっとほっこりする感じがもう大きな見返りやねんけどね。いいことゆったな。なんかちょうだい。(早速か)

「誰も頼んでないわ!」てなる心の流れ、そっくりそのままわかるわーーー><
逆に、気づかんうちに自分に何かしてくれた人がおるって常に忘れんようにしたいと思う。

そして同じく胃袋には自信がある。
プロフィール

やまもとゆり

Author:やまもとゆり
こんにちわ。山本ゆりと申します。

ジグソーパズルとか結構好きです。

雑誌の仕事、料理の仕事、
できることなら何でもさせていただきます。
コメント欄の鍵コメでご依頼承ります。

下の写真をクリックしていただくと
その記事にとべます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。